ナビゲーションをスキップ

- トップメニュー|検索


お役立ちネタ帳

連載第11回:蓑田 雅さんの「楽しもう!“パパごはん”」 楽しもう!“パパごはん”

「水曜日はパパごはん③」 ~こ手伝い編~

2012年2月 6日 14:44

ボールにいれたら、こ手伝いのはじまり!

一生懸命な姿は感動モノです

フライパンで焼いたらもうすぐできあがり

ワンプレートも可愛く盛りつけ

今回のパパごはんは、定番「ハンバーグ」。この料理を選んだのは、ずばり「子どもと一緒に楽しめる」からです。
ハンバーグといえば子どもは大、大、大好き!そして作ったことがある人はご存知の通り、とっても簡単な料理です。途中で「まぜる」「こねる」「丸くする」といった作業では、子どもでもできるので、一緒にやるととっても楽しい気分になりますし、なんとなくいつもよりもおいしく感じますよ。
ちなみに私が第1回のコラムから使っている『パパごはん』という言葉。これは「家族の笑顔のために料理をつくるパパを増やす」をテーマに活動されているパパ料理研究家の滝村雅晴さんの言葉です。
ビストロパパこと滝村さんは単にパパが一人でごはんを作るのではなく、子どもと料理を楽しむために『こ(子)手伝い』も推奨しています。子どもと一緒に料理を通して笑顔になる。そんな姿を見たらきっとママも喜んでくれますね。

さて本題の簡単レシピです。

①最初の切る、炒めるはパパの仕事。さっさっと玉ねぎを切って(大分慣れてきました)ちゃちゃっと炒める。玉ねぎは生でもいいのですが、私はバターできつね色になるまでしっかり炒めます(生は子どもたちが少し苦手なので。)
②あとは炒めた玉ねぎが冷めてから残りの材料を一緒にボールに。さぁここからが『こ手伝い』の出番。さぁ娘よ、頑張れ!!必死にぎゅっぎゅっとこねる姿。大人だと簡単ですが子どもは一生懸命。こういった姿を見ると親としては少し感慨深いですね。
③最後はパパが仕上げで入念にこねこね。子どもと一緒にキャッチボールをしながら形を作ったらフライパンに並べ、後は焼いて完成。

ちなみにハンバーグに合うお酒はといわれると・・・何でも合います!!
赤ワインも合うし、ハイボールのようにスカッとするものでもOK。付け合せの料理やその時の気分で合わせてみて下さい。私の場合・・・今夜はやはりビールです。

蓑田 雅(みのだ まさし)/ 娘(7歳)息子(3歳)
大手酒類メーカー勤務 営業企画担当。週1回の在宅勤務とフレックス制度を併用し、毎日の保育園への送り、月1回の小学校での読み聞かせを実施中。
« 戻る