- トップメニュー|検索

地域のパパ講座情報

【保土ヶ谷区】パッチワークブックカバーを作ろう

【保土ヶ谷区】パッチワークブックカバーを作ろう

開催:桜ケ丘コミュニティハウス
開催日:2019年11月24日(日)

 この日、桜ケ丘コミュニティハウスでは「パッチワークブックカバーを作ろう」という講座が開催されました。この日はお休みが多く、参加したのはお裁縫が好きという小学生の女の子2名と、近所に住む年配の女性3名です。みなさん、ブックカバーを作る経験は今までにないとのことで、講師の井尻先生の指導の元、初めてのパッチワークブックカバー作りに挑戦しました。
 まずは、布同士を縫い合わせるところからスタートです。小学生には少しだけ複雑な作業ですが、先生が丁寧に教えてくれるので、慌てることなく個々のペースで作業をすることができていました。布を縫い合わせた後は、しおり紐を縫い付ける作業です。中には針と糸をつかわず、布用のボンドだけで上手に製作している方もみられました。しおりを縫い付けたら、今度は中表の布を縫い付ける作業です。それが終われば、後は縫った布をひっくり返して出来上がり!小学生の女の子たちは「やったー、出来たー」と、出来上がったカバーの中にさっそく本を入れて嬉しそうな声を上げていました。
 講座が行われた桜ケ丘コミュニティハウスは、地域の子どもだけでなくお年寄りまで幅広い世代が利用する、アットホームな雰囲気が漂う施設です。図書館の蔵書は3万冊あり、絵本、紙芝居、児童書などの種類も豊富。毎月さまざまな講座やイベントが行われているので、近所の方はぜひ遊びに行ってみてください。詳しくはコチラから。(はやしあさみ)