- トップメニュー|検索

パパファイル

ヨコハマに暮らす・働くパパたちの素顔の育児スタイル!

File22 どこでも行っちゃう息子が大変、体力勝負です。

File22 どこでも行っちゃう息子が大変、体力勝負です。

二田総一郎パパ  神奈川区在住  

啓道クン(4歳)

野外のお絵描きイベントに参加した二田親子。

「子どもはSLや電車が大好き。鉄道オタク(笑)です。ペィンティングでも線路を描くようにさっきから走りっぱなし」。汚れてもいい服装で参加しているけど、奥さんのことがちょっと心配のようでした。

File21 プレイパークにみんなおいでよ!

File21 プレイパークにみんなおいでよ!

遠藤亮介パパ 南区在住 (男の子)

横浜に18か所ある「プレイパーク」。ここでプレイリーダーの「やんちゃパパ」として子どもたちが外で自由に思いっきり遊べる、遊び場創りに取り組んでいます。得意技は「なんでもおもしろがること」。正月から膨らんできた「お腹」がお悩みとか。こちらも「やんちゃパパ」なようです。

File20 ベビー浮き輪で気持ちいい!お風呂はパパの出番です。

File20 ベビー浮き輪で気持ちいい!お風呂はパパの出番です。

志村淳也パパ  磯子区在住  

凛太郎クン(7カ月)

パパイベントで出会った淳也パパの得意技は、お風呂&バスタイムあそび。「新生児の頃からずっとやってくれるので、助かっています」とはママのコメント。今は首に浮き輪をつける、「ベビー浮き輪」でお風呂にはいるのがブームとか。寝返りができるようになりはじめた凛太郎クン、浮き輪だとお腹の中の感覚に近いでしょうね~。気持ちよさそう!

File19 パパ友は地域づくりを楽しむ芽

File19 パパ友は地域づくりを楽しむ芽

伊坂正治パパ&匠未くん(10カ月)

中澤正弘パパ&なぎさちゃん(9カ月)

小杉佳史パパ&一颯くん(8カ月) 

磯子区在住

ママが友だち同士という縁で、磯子区のパパ友3人衆は、磯子区の子育て拠点で知り合いになりました。

伊坂パパはアクロバチックな抱っこ遊びが得意。「やり過ぎると不機嫌になってしまいますけどね(笑」

中澤パパは寝かしつけ担当。ママによれば「なぎさはいつも私じゃ寝てくれないんです」。

「ボクは野球やっているので、タオル丸めて投げたり、ピッチャーのマネすると絶対ウケます」と小杉パパ。試しに一颯くんの前でやったら・・・やっぱり笑った!

みなさん個性いっぱいですね!

File18 ハッピーな家族が増えれば、世の中は優しくなる!

File18 ハッピーな家族が増えれば、世の中は優しくなる!

為田徹パパ  栄区在住 1977年生 (長女3歳、次女1歳) 

あのガンジーの言葉が好き。

“Be the change you wish to see in the world” (あなたが望む世界に、あなた自身がなりなさい。)

学生、研究職の経験から「世の中を良くするには?」と考えたら、「家族」にたどりついた。ならば自分の家族から実践しよう!

「”愛妻家”ってステキな言葉だと思います」という眼は真摯でした。

File17 変わらないこと、変わったこと。

File17 変わらないこと、変わったこと。

阿部洋一パパ 南区在住 1978年生

スキューバーダイビングや釣りを楽しみ、海を愛する経理マン。もちろん子どもが大きくなった後も一緒に行きたい。でも周囲が言うほど子育ては楽しいことばかりじゃない。「育児を楽しむコツを、イクメンスクールできっかけをつかみたかったんです」。

たくさんのパパと出会って、多様な価値観に出会った。みなそれぞれに悩みを抱えて、楽しみを見出そうとしていた。実際に楽しくてしょうがないというパパも。

「毎日の子育ての内容は変わらないけど、それに向き合う姿勢に変化ありでした!」。またひとりヨコハマダディ、誕生!

File16 やっぱり地元のパパ友がほしい。

File16 やっぱり地元のパパ友がほしい。

北田 禅(ゆづる)パパ 港南区在住 1977年生

凱(かい)クン(1歳7カ月)

横浜で生まれ、小3から高校卒業までNY。帰国子女だった北田パパは「子どもができたら地元・横浜でパパ友をたくさん作りたい」。

なんてったって趣味は「育児」ですから。その想いはイクメンスクール2期の門をたたき、育児ブログも更新中。ぜひチェックを!

File15 食後のかたづけが楽しくなるには。

File15 食後のかたづけが楽しくなるには。

小林英一郎パパ 戸塚区在住 1980年生

柚月ちゃん(1歳5カ月)

自分は育児はよくやっていると思っていた。子どもお世話や遊びも時間をかけるし、DIYを趣味にして、自宅の机や本棚だって自作したい。「でもやりたくないなぁというのは顔に出てたんですよね」とはママ評。「とくに食後のお皿洗い」。

イクメンスクールでは、パパ力の意識の高い同世代にあって驚き、刺激を受けた。「”いつも笑顔のパパ”でいたいですから」。

そのせいか「顔には出なくなりました」とママ評も上昇中。表情からが基本のようです。

File14 楽しいパパライフはやっぱり子どもの成長です。

File14 楽しいパパライフはやっぱり子どもの成長です。

谷口 央(ひさし)パパ 西区在住 1974年生

昊(ひろ)クン(11カ月)

年に1度はかならず家族との、海外旅行はかかさない。ところが今年のハワイ旅行は3.11後のスケジュール。

「そうとう悩みましたが、育休の終盤ということもあって。思い切って行きました」。

着いてしまえば、常夏の島だけに思いっきりENJOYできたし、何より嬉しいのは昊クンの成長ぶり。パパママにとってはそれがなによりの励みですよね。

File13 娘たちにはパパの記憶を持ちつづけて欲しいから。

File13 娘たちにはパパの記憶を持ちつづけて欲しいから。

九門達也パパ 栄区在住 1975年生

彩花ちゃん(5歳)友香ちゃん(3歳)

どんどん成長する子どもたち。パパが一緒に過ごせる時間は少ない。

「だから、その分娘と過ごす時間を大切に、濃くしたいんです」。

だから保育園で一日保育士や父母会の代表をかってでたり、今年からは長女と一緒にジョギングを始めたとか。

「子どもたちが大きくなってもパパのこと覚えて欲しいんですよね」

さわやかなパパスマイル。まったく心配ないです。

File12 おむつ替えでパパスイッチ!

File12 おむつ替えでパパスイッチ!

戸塚区勤務 ヒロパパ 1978年生 長男・カズクン(1カ月)

ママが望んだ自然分娩で生まれてきました。立会い出産は、あっとういう間の出来事。

ただただ、産まれてきてくれてありがとうという気持ちでいっぱいだったとか。

横浜イクメンスクールの1期生が、プレパパからいよいよパパデビューです!

File11 藤江ファミリー

File11 藤江ファミリー

西区在住  長女/花ちゃん(5カ月)

パパの最近うれしいニュースは、「花ちゃんが、自分の顔を見て笑ってくれるようになった(?)」こと。近い将来の夢は「10歳ぐらいまでは、パパ大好きでいて欲しい(笑)」、遠い将来の夢は「周囲を明るく、人に好かれる女の子に」。

「毎日の育児に、妻は大変だなぁと思います」と語るパパに、ママからも

「私もパパが大変だと思いますよ。自分の愚痴をぐっとこらえて聞いてくれてるようで(笑)」。

File10 パトカーに大興奮だった、そのワケは?

File10 パトカーに大興奮だった、そのワケは?

西区在住 淳パパ 1968年生 長男・新クン(1歳6カ月)

みなとみらいに住む新クンのおでかけ先の定番は、近所の「横浜美術館」前の広場や高島中央公園。朝市でネギを買いに行くときは、

パパ・ママが並ばないといけないので、ちょっと退屈かも。

ミニカーが大好きな新クン、先日のAPECの横浜開催の時は、「大はしゃぎだった」とか。もちろん、お目当てはパトカー。全国からおまわりさんも大勢集まって、朝から晩まで、大興奮!鳴り物入りの国際会議、無事に終わってよかったね~。

File9 T.Kパパ

File9 T.Kパパ

栄区在住 T.Kパパ 1973年生 福岡県出身  ユキちゃん(9カ月)

T.K.パパが都内の仕事から帰ってくるのは、だいたい、0時を過ぎてから。でもそれはユキちゃんが生まれる前。奥さんが出産後、パパにビデオメッセージを見せたときから、T.K.パパの日常が劇的に変化したようです。

深夜遅く帰って、一人でみたそのビデオの内容とは・・・。苦笑いしながら教えていただけませんでした・・・。この日はベビーとパパエクササイズの講座。今ではすっかり改心して、体力不足を解消するためがんばっています!

File8 性格は違っても、やることは一緒。ふたごっておもしろい!

File8 性格は違っても、やることは一緒。ふたごっておもしろい!

鶴見区在住 鹿野さん 1973年生 トウル君(3歳1カ月)テツ君(3歳1カ月)

おっとりな性格なトウル君(左)と、やんちゃが絶えないテツ君(右)、

泣かされてパパに甘えるのは、だいたいトウル君。その後ろで知らんぷりはテツ君! 

でも食べ物の好き嫌いや、おトイレにいくタイミングはいつも一緒。ただしトイレの時も、かわいそうにいつもトウル君が待たされ役なんです。ぐずるトウル君の背後から一喝するパパ。鹿野家

File7 ユウカ&ハルカパパ

File7 ユウカ&ハルカパパ

金沢区在住 ユウカ&ハルカパパ ユウカちゃん(2歳9カ月)ハルカちゃん(8カ月)

“リトミック”のイベントで出会ったパパの得意技は「寝かしつけです。かなり自信があります」。2人の娘さんを育てながら、たどりついた技は「寝ながらずっと抱っこして、体から離さない」。

ともに音楽好きの奥さんと一緒に、気分転換に家族でよく音楽イベントに参加されるとか。会場でピアノにあわせて弾けるように元気な長女のユウカちゃんは、「トトロが大好き」。きっと妹のハルカちゃんと一緒に歌声がたえない家族になりそうですね。

File6 職場で家庭で、パパ業にトライ!

File6 職場で家庭で、パパ業にトライ!

神奈川区在住 ちーくん 1974年生 東京出身 長男(1カ月)

職場の理解を得て、1カ月強の育児休暇を取得。ただいま、父親業をまい進中!

「生まれる前から育児用品グッズを研究していた親バカ」にさらに磨きがかかる毎日。

沐浴やおむつ替えはもちろん、夜の寝かしつけにも毎日トライ!

File5 「みんなで育てるのが、ありがたいし、楽しい」

File5 「みんなで育てるのが、ありがたいし、楽しい」

神奈川区在住 ケンゴさん 1977年生 宮城県出身 長男・長女(3歳)

双子の子どもたちは、お父さん好き。「お母さんを家で休ませたいので、休日は地域のイベントに親子3人で過ごすことがおおいです」。夫婦だけで育てるのは大変なので、近所に住む、ママの実家のヘルプがいつも助けになるようです。「みんなで育てるのがいいですね」。

File4 「よく生まれてきてくれたね!」

File4 「よく生まれてきてくれたね!」

港北区在住 オサムさん 1967年生 朔クン(1カ月)

40歳を過ぎて授かった大切な男の子。出産に立ち会った。奥さんのチエさんも24時間の大奮闘。カメラ担当のオサムさんは、生まれてくる瞬間、涙が止まらなかった。オムツ替えは楽しくて仕方ない。「子どもの頃の夏といえば、瀬戸内の海で一日中過ごした」オサムさん。

「暑い夏の日は、いつかいっしょにプールで水遊びをしたいね」。

File3 「料理をつくって、食べさせて。金子家の夜は早い」

File3 「料理をつくって、食べさせて。金子家の夜は早い」

港南区在住 金子良一さん 1977年生 長男(6歳)、次男三男(2歳の双子)、長女(生後1ヶ月)

4人兄弟のお父さんは、みんなでキャンプするのが夢。クッキングパパが目指すのは、「こども達が自慢したくなる父親」。子どもを寝かしつけると先に寝てしまうのが、今のお悩み。

金子さんのブログ:http://ameblo.jp/4jinochichi/

1 2 3 4 5 6 7

トピック一覧