- トップメニュー|検索

パパファイル

ヨコハマに暮らす・働くパパたちの素顔の育児スタイル!

File122 さまざまな価値観を共有することが、夫婦円満の秘訣!

File122 さまざまな価値観を共有することが、夫婦円満の秘訣!

半田真哉(しんや)さん、紗知子(さちこ)さん、凌大(りょうだい)くん 9歳、結樹子(ゆきこ)ちゃん 7歳

株式会社ワンスレッドの代表取締役である半田さん。2017年には子育て応援ブランド『papakoso(パパコソhttps://papakoso.shop-pro.jp)』を起ち上げ、「パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ」は2018年キッズデザイン賞を受賞、「パパ専用抱っこ紐 papa-dakko」では2019年キッズデザイン賞を受賞しています。

パートナーシップで大切にしていることを伺うと、「お互いに相手のことを思いやり、楽しいこと、大変なこと、様々な価値観を共有するようにしています。妻の笑顔を見ることが大好きなので、一緒にいることがとても楽しいです。

子どもが小学生になってからは夫婦二人の時間が少し増えたこともあり、夫婦でテニスの地区大会にチャレンジしてみたり、コンサートに行ったり、デートをする機会を増やしています。家族では最近はキャンプブームで、毎月神奈川県内のキャンプ場に行っています」と答えてくれました。

File121 みんなで笑いあう時の笑顔が、幸せをくれる

File121 みんなで笑いあう時の笑顔が、幸せをくれる

池田浩久(ひろひさ)さん、宏美(ひろみ)さん、長女 10歳、次女7歳、三女5歳、長男3歳

父親育児支援、子育て支援を行う「パパライフサポート」(https://papalife-support.amebaownd.com/)の代表であり、ヨコハマダディの特別インタビューにも出演してくれている池田さん(記事はコチラ)。

子どもたちとの遊び方や好きなところについて聞いたところ、「とにかく公園で身体を動かして遊ぶことが好きです。自然公園では、冒険と称してあちこち探検してまわっています。四人とも、とにかくよく笑います。とくにみんなで笑い合う時の笑顔が大好きで、幸せな気持ちになります」と話してくれました。

夫婦のパートナーシップで大切にしていることは、夫婦の時間を作ること、お互い感謝をすることで、自分自身のエネルギーのチャージ法は映画をみること。育児、家事、パートナーシップ、そして自分の時間もバランスよく大切にしていることが伝わってきました。

File120 自分がされて嫌なことはしないようにしている、パートナーシップの基本

File120 自分がされて嫌なことはしないようにしている、パートナーシップの基本

髙橋弘次(ひろつぐ)さん、綾子(りょうこ)さん、直純(なおずみ)くん 4歳、実紗(みさ)ちゃん 2歳

「NPO法人全日本育児普及協会」(http://ikujifukyu.com/)の認定講師を務め、「ほめる子育て&パートナーシップ」「絵本の読み聞かせと父親も楽しむ子育て」などのパパ向け講座を市内で実施している髙橋さん。ほかにも、パパサークル「横浜ダディ」で児童虐待防止プロジェクトなどに参加をしたり、「神奈川区地域子育て支援拠点かなーちえ」で「パパトーク」を行うなど、幅広く活躍しています。

子どもたちとは外で遊ぶことが多く、公園で砂場遊び、サッカー、野球、鬼ごっこ、シャボン玉、家ではプラレールや折り紙、絵本の読み聞かせなどをしているそうです。「子どもたちの大好きなところは、いつもニコニコしているところ。夫婦のパートナーシップでは、自分が言われて嫌なことや不快なことを、相手にもしないように心がけています」と話してくれました。

File119 子どもの成長を見ることが、何よりの喜びに

File119 子どもの成長を見ることが、何よりの喜びに

澤井宏(ひろし)さん、順子(じゅんこ)さん、健(けん)くん 9歳、航平(こうへい)くん 6歳

保土ケ谷区のパパ友サークル「ほどパパ」や、「おとわら(お父さんと笑おう)」で子育てセミナーや交流、クリスマスコンサートなどを行っている澤井さん。最近では長男の健くんの学童の役員も務めているそうです。澤井さんの趣味はフットサルやジョギング、自転車などで、身体を動かすことが自身のリフレッシュ法。

二人の息子とは公園で遊ぶことが多く、鉄棒の技がぐんぐん上達していく姿を見て成長を感じているそうです。子どもの成長を見ることが、何よりも喜びにつながると言います。夫婦のパートナーシップは共働きのため、朝は主に澤井さんが、夜は順子さんが主に家事や育児を行うという分担制をとるよう工夫しているそうです。

File118 生まれてきてくれたことに感謝!

File118 生まれてきてくれたことに感謝!

焏徳信康 (じょうとくのぶやす)さん、彩奈(あやな)さん、真梨恵(まりえ)ちゃん 3歳11ヵ月、菜々恵(ななえ)ちゃん 0歳6ヵ月

真梨恵ちゃんや菜々恵ちゃんとどのようなことをして遊んでいるか聞いたところ、「長女とは公園に行ったり、ペダルなし自転車に乗ったりして遊ぶことが多いです。家では、トランポリンや鉄棒、お山の代わりとして、僕が「遊具」と化しています(笑)。次女はまだ赤ちゃんなので抱っこしてゆらゆらしたり、即興の歌を歌ったりしています。子どもにとっては、日常のすべてが貴重な遊びですよね」と話してくれました。

また、お二人の大好きなところは、「長女は底抜けに明るいところ。自由な発想で、シャツをズボンのように履いてオシャレをしてみたり、親の分のお菓子を巧みに手に入れる交渉も得意です(笑)。次女は二人目だからでしょうか?とてもたくましく、親に気にかけてもらえるまで大声で泣き続けます。抱っこして欲しい時は腕をパッと広げて、きらきらした笑顔でこちらを見てくれます。二人とも大好きで、生まれてきてくれたことに感謝しています」と答えてくれました。パパの愛情が伝わってきますね。

File117 自身の経験を踏まえ、パパ向けトークイベントなどで活躍中!

File117 自身の経験を踏まえ、パパ向けトークイベントなどで活躍中!

澤井典明(のりあき)さん、祐子(ゆうこ)さん、ももちゃん 2歳

自身が産後うつになり、その経験を踏まえて、横浜市の子育て支援センターなどでパパ向けにトークイベントを行っている澤井さん。現在は「全日本育児普及協会」(http://ikujifukyu.com/)の認定講師としても活躍しています。

ももちゃんとは子育て支援センターを訪れて遊んだり、家では絵本の読み聞かせやおままごとをして遊ぶことが多いそうです。ももちゃんの大好きなところは、ツンデレなところと、物を渡してくれる時に首を傾けながら「はい、ど〜ぞ」と言ってくれるところで、その仕草がとっても可愛いのだとか。夫婦それぞれが一人の時間を取れるよう工夫していますが、美味しいお酒と肴に目がなく、結局は一緒に晩酌することが多いそうです。

File116 満面の笑みを浮かべて見返してくれる娘にメロメロ!

File116 満面の笑みを浮かべて見返してくれる娘にメロメロ!

岩田雄樹(ゆうき)さん、今日子(きょうこ)さん、小夏(こなつ)ちゃん 0歳6ヵ月

「NPO法人ファザーリングジャパン」(https://fathering.jp/index.html)の活動に参加し、パパの育児参加を推進している岩田さん。現在、生後6ヵ月となる小夏ちゃんは、寝起きで岩田さんの顔を見ると満面の笑みを浮かべてくれるそうです。

岩田さんは小夏ちゃんとコミュニケーションをとる際、同じ目線になり床に寝転び、おもちゃなどに一緒に触れて遊ぶこと、できるだけ文章で話しかけることを心がけているそう。夫婦のパートナーシップでは、育児や家事の負担をなるべく平等に行うよう努力し、それぞれの得意不得意を考慮し分担しているとのことです。小夏ちゃんの成長が、これからも楽しみですね!

File115 パパだからこそできること。子どもと共に、パパ力を高める!

File115 パパだからこそできること。子どもと共に、パパ力を高める!

江戸義和(えどよしかず)さん、彩花(さいか)さん、葵彩(あおい)ちゃん 6歳、陽和太(ひなた)くん 2歳

子どもが生まれる前からパパ友やパパ活動に興味を持っていたという江戸義和さん。長女の葵彩ちゃんが生まれ、子育てを行う中で、思っていたほど「パパ同士の接点がない」と感じていたそうです。そこで、長男の陽和太くんが生まれたタイミングで、積極的にパパコミュニティに参加しようと思い、パパサークル「横浜ダディ」に加入しました。

「横浜ダディにはパパとしての育児経験を活かして、地域での父親支援講座やスポーツ、サークル活動など様々な活躍をしているパパ達が大勢います。そんな仲間たちと交流を深めながら、自分のパパ力を高めると共に、パパだからこそできる地域貢献や子育て支援を行いたいと思っています。
今後は、子ども好きなパパ達が集まるだけでも楽しいので、キャンプやBBQなどのファミリーイベントも定期的に開催していく予定です」(江戸さん)

File114 子育ての楽しさを多くの人に伝える、情熱的なイクメンパパ!

File114 子育ての楽しさを多くの人に伝える、情熱的なイクメンパパ!

真鍋考士(たかし)さん、桃子(ももこ)さん、楓花(ふうか)ちゃん 3歳10ヵ月

一児のパパであり、男性の育児参加や育児の楽しさを広める「NPO法人全日本育児普及協会」(http://ikujifukyu.com/)の認定講師、パパサークル「横浜ダディ」(https://switch-kosodate.com/papa_circle/post-4806)のメンバーでもある真鍋考士さん。地域の中で、「絵本の読み聞かせ&仕事と家事の両立」などのパパ向け講座を開催したり、家族の絆を深めるイベント「100万本のバルーンフラワープロジェクト」(https://hamadaddy.city.yokohama.lg.jp/report/31085/)などを積極的に行っています。

真鍋さんにパパ活動を行うようになったきっかけを伺ってみると…。

「僕は育休を取得し、父子で頻繁に子育て支援拠点に通っていました。そこで、たくさんのママさんたちからパパに対する愚痴を聞き、男性の育児参加をもっともっと広めたいと思い、父親育児支援活動を始めました。育休経験者ならではの気づきや、子育てにおけるパートナーシップの大切さなどを伝え、社会全体の意識の変革に貢献できたらと思っています」

仕事だけでなく、育児、パートナーシップ、地域交流などを、自分らしく楽しみながら行う真鍋さんに、多くのパパたちが刺激を受けているのではないでしょうか。

File113 双子のパパは遊びも2倍!!

File113 双子のパパは遊びも2倍!!

西村圭介(けいすけ)さん・真生(まい)さん・佳織(かおり)ちゃん、3歳・真緒(まお)ちゃん、3歳

双子ちゃんを育てながらお仕事もしているママを全力サポートする圭介パパ。

保育園の毎朝の送りはパパのお仕事。そして、ママがお友だちと遊ぶ時はベビーシッターを自ら買って出ます!とのこと。「日ごろから遊びも2倍ですから慣れています。」と頼もしい発言。

お子さんが大きくなるにつれ、体を張った遊びを喜ぶようになり、一緒に遊ぶのも大変なところ、「子どもが生まれて自分の事が後回しになりました。」「元気ならいいです。」と出産時が大変だっただけに、多くを望まないイクメンパパでした。

File112 ギター歴20年以上の多才イクメンパパ

File112 ギター歴20年以上の多才イクメンパパ

竹原勇(いさむ)さん・智子(ともこ)さん・結実(ゆみ)ちゃん2歳

保土ケ谷の「パパにできる子育てを考えよう」という活動趣旨のもと発足した「ほどパパ」に所属のパパさん。「パパと遊ぼう」のオープニング演奏に、ギターリストとしても参加。

子どもが生まれて一番変わったことは、「食品を気にするようになりました。」これはママの智子さんもうなずかれ、前よりいっそ手作りにこだわるようになったとのこと。

おとなしそうに見える結実ちゃん、じつはパパとのアクロバティックな激しい遊びが大好き!「人見知りがあるので、いろいろな経験をさせてあげたいですね。」

File111 保土ケ谷区のパパサークル「ほどパパ」に所属の積極的パパさん!

File111 保土ケ谷区のパパサークル「ほどパパ」に所属の積極的パパさん!

石川正史(まさふみ)さん・真季(まき)さん・愛果ちゃん(3歳)・凜果(3カ月)

保土ケ谷の「パパにできる子育てを考えよう」という活動趣旨のもと発足した「ほどパパ」に所属の正史パパ。「パパと遊ぼう」のオープニング演奏に、ボーカルとして参加。お子さんが出来てもその行動力は変わらぬ様子。

パパの子育ての役割は特に決まってなくても、二人目のお子さんもでき、忙しいママのサポートも頑張っています。

3歳の愛果ちゃんはパパとかくれんぼするのが大好き。明るく元気な子に育ってほしいという願いはすでに叶っているようです。

File110 仕事中心から子ども中心の生活に!

File110 仕事中心から子ども中心の生活に!

山中健(たけし)さん・華奈(かな)さん・智貴(ともき)くん1歳4カ月

去年初めて子育てイベントに参加し、今回も「パパと遊ぼう」に来てみました、と山中ファミリ-。子どもが生まれて変わったことは、「思った以上に子ども中心の生活になりました。」とのこと。

毎朝保育園の送りはパパのお仕事。お風呂やオムツ替えもバッチリです!本好きな智貴くんに、本をよく読んであげているとのこと。公園への散歩など一緒の時間を大切にしています。

のびのびと育ってほしいし、勉強もスポーツも出来るバランスのよい子になってほしい。男の子だけに、たくましく育ってもほしい。と智貴君への愛情がいっぱいでした。

File109 休みの日は公園めぐり!

File109 休みの日は公園めぐり!

菊池紀行(のりゆき)さん・真紀(まき)さん・咲紀(さき)ちゃん1歳7か月

奥様に誘われてよく行くというイベントはもう10回以上。今回も誘われて「パパと遊ぼう」へのご参加。子どもができて周りにいる子どもが以前よりよく目に入るようになり、他人の子どもも可愛くてしょうがないという紀行パパ。

洗濯や朝の準備、週末のお風呂入れなど子育てには積極的!週末は咲紀ちゃんの大好きな滑り台を求めてあちこちの公園へ出かけるとのこと。

「公園は詳しいですよ!」と笑顔で答えてくださいました。

「たくさんの経験をさせてあげたいし、好きなことをさせてあげたいですね。」と咲紀ちゃんへの夢を語って下さいました。

File108 ままえーる秋号イクメンが行く

File108 ままえーる秋号イクメンが行く

宮﨑 徹也(てつや)さん 37歳(保土ケ谷区在住)

 今回のイクメンは、週末になるとスーツ姿のサラリーマンから、大工さんや床屋さんに変身する宮崎さん。趣味も育児もこだわり屋の宮崎さんのイクメンぶりは…

自宅建築中から考えていた室内ブランコ

4年前に念願の一戸建てを新築した宮﨑家。子ども達が安心、安全に、そして楽しく暮らせるようにと、間取りや素材にこだわったとても素敵なお宅です。そんなお気に入りの自宅リビングの天井には大きな梁があり、パパはこの梁を使って子ども達が遊べるブランコを作ろうと、建築中からずっと決めていたそう。それまで大工仕事などしたことのなかったパパですが、ネットや本で作り方を調べ、大人が乗っても丈夫なブランコを作りました。今では、2歳の次男君も大喜びでブランコ遊びをしているそうです。

 その後、すっかりDIYにはまったパパは、ママのリクエストにより絵本棚を制作したり、プラレール専用おもちゃ置き場を作ったりと、家の中には制作物があふれているそうです。

床屋さんにも変身する器用なパパ

そんな器用なパパは、ときに床屋さんにも変身します。「私が切ると大雑把なので、いかにも親がカットした風になってしまうんですが(笑)、主人は30分くらいかけてすごく丁寧にカットするので、仕上がりもいい感じなんです」とママ。子ども達にも「パパの床屋さん」はとても好評だそうで、気をよくしたこだわり屋のパパは「もっといいハサミが欲しい」と、目下物色中だそうです。手先の器用さを活かした育児を、趣味としても愉しんでいる、そんな「イクメン」パパでした。

※このパパファイルの記事は、横浜で子育てするママにお届けする情報誌「ままえーる」との連動企画です

File107 ままえーる夏号イクメンが行く

File107 ままえーる夏号イクメンが行く

山嵜 威志(たけし)さん 37歳(青葉区在住)

 今回のイクメンは、毎朝のごはんを子ども達のリクエストを聞きながらバランスよく作ってくれる山嵜さん。どんなに仕事が大変でも、子ども達との時間を大切にしてくれる、頼もしく、優しいパパです。

子ども達の食欲を考えて作るワンプレート

共働きの山嵜家の朝は大忙し。ママが掃除や洗濯をしているあいだに、パパはキッチンへ。どんなに仕事が大変でも子ども達と過ごす時間を大切にしているパパは、朝の時間を有効活用。子ども達のリクエストを聞きながら、食べやすいワンプレートの朝ごはんを仕上げます。わかめご飯、サラダ、卵料理、フルーツなどがおいしそうに並んでいます。子ども達の体調や食欲も考えて、量を調整しながら毎日手作りするというからびっくり。こんな愛情たっぷりの朝ごはんを家族で囲めたら、元気な一日をスタートできそうですね。

ワクワク遊びで子ども達の車酔い解消

車で家族旅行に出かけた時にパパが大活躍したヒトコマ。車酔いをしてぐったりした子ども達を車外に連れ出し、まずはゆっくり散歩。外の風をからだに取り込んで少しラクになったところで、手に石を入れて隠し「どーっちだ?」のゲームを始めたそう。「3歳の下の娘も一緒に楽しめる、単純だけどドキドキする遊びで、子ども達はゲームに夢中になって、車酔いしていたことを、すっかり忘れてしまったんですよ」と、ママが教えてくれました。

※このパパファイルの記事は、横浜で子育てするママにお届けする情報誌「ままえーる」との連動企画です

File106 ままえーる春号イクメンが行く

File106 ままえーる春号イクメンが行く

今回のイクメン 加藤 唯一さん 31歳(戸塚区在住)

今回のイクメンは、長男の歩空(ほく)くんが生まれた瞬間、ママより先に号泣してしまったという加藤さん。

ママのお友達から「イクメン」と呼ばれたことは数知れず、周りも認めるそのイクメンぶりは…。

妊娠中から、家事全般なんでもこなすパパ

歩空くんを授かった時から、ママの体を気遣って、唯一さんは家事を積極的にするようになりました。出産の時はママより先に号泣し、毎日欠かさずお見舞いに。

出産してからは、お風呂やミルクはもちろん、オムツ替えや寝かしつけまで、なんでもこなしているそうです。妹の恵茉(えま)ちゃんが生まれて「イクメン」ぶりはさらに加速。

「仕事から帰ってくると、ずーっと子どもたちと遊んでくれるので、パパが家にいる時は、子どもたちは私に全く寄って来ません」と、ママは苦笑い。

息子がピアノを始めたら体育会系のパパも練習

歩空くんが、年中の11月からピアノを習い始めると、体育会系のパパも頑張って一緒にピアノの練習を始めました。

すこしぎこちないけれど、子どもの習い事もすごく応援してくれる気持ちは、しっかりと届いているようです。

僕の将来の夢はパパと同じ消防士

遊ぶ時は、思いっきり遊び、叱る時は父としての威厳をしっかり保っている、唯一さんの職業は消防士。

そんなパパは、お風呂に入った時など歩空くんに、消防士のお仕事や、人を助けることの大切さを教えているそうです。

歩空くんが幼稚園で「ぼくの将来の夢は消防士!」と言った時に、パパはまたぐっときてしまった。熱い「イクメン」でした。

※このパパファイルの記事は、横浜で子育てするママにお届けする情報誌「ままえーる」との連動企画です

File105 じいじも育児に積極的に参加中

File105 じいじも育児に積極的に参加中

福前義弘さん・勝島香奈美(かなみ)さん・優衣奈(ゆいな)ちゃん(2歳2カ月)

パシフィコ横浜で開かれた「マタニティ&ベビーフェスタ2014」に、じいじ・ばあばと一緒に来場された勝島さんご一家。じいじにとって優衣奈ちゃんは初孫ということもあり、目に入れても痛くないような存在。パパの育児参加の高まりに「自分たちの世代とはまったく違いますね」と驚くじいじですが、孫には「やっぱり甘くなっちゃいます(笑)」。お互いの家が近いこともあり、週末はよく一緒に過ごすのだとか。「これからも親子3代で楽しい思い出をたくさん作っていきたいですね」。

File104 夢は「一緒に酒を飲み交わすこと(笑)」

File104 夢は「一緒に酒を飲み交わすこと(笑)」

堂免(どうめん)主税(ちから)さん・元美(もとみ)さん・元基(もとき)くん(10カ月)

元基くんが誕生したことで「規則正しい生活を送るようになりました」というパパ。仕事が終わって帰ると、元基くんは寝ていることが多いので、朝早く起きて一緒に過ごす時間を作るようにしているのだとか。「高い高いなど、ダイナミックな動きで一緒に遊び、喜んでくれるのがうれしい」と言っていました。これからママと3人でいろいろな場所に出向いて思い出を作り、「二十歳になったら一緒に酒を飲み交わしたい」という夢もあるそうです。

File103 いつかバイクでツーリングに出かけたい

File103 いつかバイクでツーリングに出かけたい

塩田幸広さん・洋子さん・優羽(ゆうわ)くん(1歳4カ月)

「授乳はできないけど、それ以外の大抵のことはやっています」という頼もしいパパ。優羽くんも、そんなパパに抱っこされて、終始ご機嫌。一緒に遊ぶときは、優羽くんが大好きなおもちゃを使ったり、室内用の乗り物に乗せてあげたり、たくさん抱っこしてあげたり、いろいろな引き出しを持っているようです。「よく手伝ってくれるので助かります」とママもにっこり。バイク乗りのパパの夢は「いつか優羽を後ろに乗せて、ツーリングに出かけたいです」。

1 2 3 4 5 6

トピック一覧