- トップメニュー|検索

パパファイル

ヨコハマに暮らす・働くパパたちの素顔の育児スタイル!

File 093 ままえーる(創刊号)連動企画 特別版

File 093 ままえーる(創刊号)連動企画 特別版

松永 浩志さん(金沢区在住)

浩志パパのヒザの上でちょこちょことゴキゲンな動きを見せる清楓ちゃん。

そして、そんな清楓ちゃんがかわいくってたまらないという表情の浩志パパ。

ふたりのラブラブ状態は1年と2ヶ月を経てますます熱くなるばかり!

*** *** ***  ***

【たまの休みだからこそ子どもとの時間が大切。】

海洋調査を行う会社に勤務する浩志パパは、仕事に出ると1、2ヶ月は船の上の生活が続くこともあるそうです。それだけに貴重な休日の時間は一人娘の清楓ちゃんと過ごす時間を大切に考えているのだとか。

「船に乗らない勤務シフトもあるので、早く家に帰る時は清楓をお風呂に入れています。まだ1歳で小さいですから、はじめて一緒に入る時は緊張しましたね。最近はもう慣れてきたので、お風呂担当!と胸をはって宣言できるまでになっていますよ」

と浩志パパ。さらには寝かしつけ、朝のミルク作りからミルクをあげるまでも担当するというから、イクメンぶりを存分に発揮している感じ。

【結婚前までは子どもが苦手だった!?】

清楓ちゃんにメロメロな浩志パパですが、じつは独身時代は子どもが苦手なタイプだったそうです。

「気持ちの変化というほど明確なものはありませんでしたけど、とにかく最初はどうしていいか分からないという状態でしたね。でも、清楓と日々の暮らしを共にしていくうちに父性というものが芽生えてきたのだと思います」

そんな浩志パパの変化に幸代ママは驚きと喜びを感じたそう。

「休日に公園で遊んだり、パパと清楓だけでお散歩に行ったりするので、だんだん可愛くって、かけがえのない存在になってきているんだなと思いますね」

幸代ママも目を見張るほどの進化を遂げた浩志パパ。きっと清楓ちゃんは「大きくなったらパパのお嫁さんになる」っていってくれそうですね。

※このパパファイルの記事は、横浜で子育てするママにお届けする情報誌「ままえーる」との連動企画です。

File92 子連れ旅行は、トラブルがつきもの。

File92 子連れ旅行は、トラブルがつきもの。

日丸邦彦(44歳 港北区在住・在勤) 真由子(4歳)・耕太(1歳)

ヨコハマダディの運営スタッフ。久々に家族で温泉を楽しみに、湯河原の老舗旅館に行きました。

小さい子どもがいる旅行は、なんといっても事前の用意とあわてないスケジュール。あれこれ観光したいスポットはあれど、ぐっとこらえてシンプルに。車で渋滞する道を避け、トイレ休憩をたびたびはさんでのんびりと。旅に余裕があれば、多少のトラブルはOKです。記念写真をとった直後、下の子が階段からずり落ちたハプニングも笑い話になりました。

File91 子育てイベントは、子育て情報の宝庫。

File91 子育てイベントは、子育て情報の宝庫。

手島高利さん 友美さんご一家 (横浜市在勤)   

パシフィコ横浜で催された「たまひよパーク」に来場された手島さんご一家。

育児商品のデモンストレーションや子育てに役立つセミナーがいっぱいです。はじめて来場した手島パパはご夫婦で参加。「にぎやかなのでびっくり。ベビー&キッズの事故予防がとてもためになりました。

わが子の「万が一」に、知っておいてよかったです」

File90 遊びで見つけよう!子どもの力。

File90 遊びで見つけよう!子どもの力。

浦部利志也さん (青葉区で活動)  

昨年の11月、青葉区「子どもと楽しむ身近な自然 パパ伝授・公園を10倍楽しむ方法」の講師として参加した浦部さん。親子あそび体験から子どもの力を、親が気づくことがねらいです。

「近所の公園には、都会の雑踏では味わえない人との出会いがあります。子どもたちだけじゃなく大人にも、こういう人との交流もあるというのを知ってほしいですね」

パパとアウトドアの経験をふまえ、青葉区でワークショップをして今年2月で20周年を迎えるそうです。ご本人のブログはコチラ。

File89 グラっときたら!パパの心得は?

File89 グラっときたら!パパの心得は?

竹中常敏さん(36歳 港北区在勤)

  陽音(はると)君(4歳)

この日は竹中家だけの「防災訓練」。マンションの7階にある自宅から階段を降りたらどうなるか?普段思っていた疑問を実際に試して実感してみました。20.5kgの長男・陽音君は、ベビーキャリアで抱っこ、リュックは防災用品が入って20kg。あわせて40kg以上背負ってのパパの笑顔です。「天災は忘れたころにやってくる」とは有名な警句ですが、竹中家は大丈夫ですね!

File88 パパは外遊びの達人だよッ

File88 パパは外遊びの達人だよッ

樋口 功さん (39歳 青葉区在住)   煌樹(こうじゅ)くん(5歳)

青葉区地域子育て支援拠点「ラフール」のパパ講座で公園遊びをした樋口さん親子。大阪、名古屋から転勤して青葉区には4カ月目。今まで各地域で煌樹くんと一緒に野外イベントやヤマ登りや自然公園など積極的に楽しんでいた樋口さん。「横浜に引っ越してきて、家を探すときもこの「桜台公園」があったので決めました」。すでに近所でもさつまいも堀って焼くイベントなどに参加した樋口さん「横浜も子育てに積極的な感じがしますね~」。外遊びのベテランパパも納得のご様子でした。

File87 のびのびした表情が発見できました

File87 のびのびした表情が発見できました

黒田顕さん (31歳 青葉区在住)   莉子(りこ)ちゃん(2歳)

青葉区地域子育て支援拠点「ラフール」のパパ講座で公園遊びをした黒田さん親子。よくしゃべるようになった莉子ちゃんは、大人の口真似をするようになりました。リビングからお父さんの部屋まで「おでかけ」して、パソコンのキーボードをパチパチ、ご本人いわく「おべんきょー」してきたとか。

子どもと一緒に歩く時間はふえましたが、この日は山の斜面を登ったり縄でブランコしたり「のびのびした表情が発見できてよかったです」。

File86 「ママっ子」だったけど、パパのごはんを食べてくれた!

File86 「ママっ子」だったけど、パパのごはんを食べてくれた!

吉津貴史さん (32歳 青葉区在住)  奏翔(かなと)くん(3歳)

青葉区地域子育て支援拠点「ラフール」のパパ講座で公園遊びをした吉津さん親子。イヤイヤ期の奏翔君は、最近ようやく手をつないでくれるし、パパがつくった「オムライスの卵の部分」をおいしそうにムシャムシャ。距離がぐんぐん縮まって今日は森あそびです。(でもカメラはまだ嫌いみたい・・・ごめんね)

じつはこの時間、参加している他の父子のママたち同士で、奏翔クンのママもお茶に行っているのだとか。遊びが終わったらみんなでランチ、いい休日の過ごし方ですね!

File85 対決!育児レンジャー × 悪マン&イクジナシーズ

File85 対決!育児レンジャー × 悪マン&イクジナシーズ

(前列左から) 林嘉月さん(イエロー)、北田禅さん(悪マン)、大崎清司さん(イクジナシーズ)。

(後列左から) 佐藤士文さん(レッド)、池田浩久さん(イクジナシーズ)、山口敦彦さん(ブルー)、多(おおの)忠行さん(イクジナシーズ)

港南区地域子育て支援拠点はっちの、パパボラ有志から誕生した戦隊ヒーローとその悪役キャラ。 変身する前の姿は、日々、仕事と家事・育児を両立し、ママと子どもを大切にしているパパたち。彼らの活躍は新聞記事にも。

特別ロングインタビューはコチラ

File84 父子おでかけは背負子(ショイコ)で!

File84 父子おでかけは背負子(ショイコ)で!

河内博志さん(港北区在住)    遼太郎くん(1歳1カ月)

背負子が目を引く河内さんは、港北区パパスクールの親子イベントをきっかけに、今日がはじめての父子2人だけのおでかけです。

「背負子は混雑するところとか、お祭りなどに便利です。ベビーカーだとどうしても通れないところがありますからね。簡単なハイキングとかに使えますよ」

はじめての父子おでかけの感想は「晴れてよかったですね。準備はウチの奥さんにすべてしてもらいましたけど(笑)」

File83 パパの手作りコーンスープが大好物

File83 パパの手作りコーンスープが大好物

池添元太さん(港北区在住)、洋子さん、桜ちゃん(2歳)

今日は、子育て家庭の防災講座に参加した池添ファミリー。桜ちゃんは2歳になり、「好き」「嫌い」が出てくるお年頃です。特に、パパが高く抱き上げる「高い高い」が大好き。パパが、へとへとになるまでおねだりが続きます。また、パパがお休みの日は、定番の卵焼きや鶏肉を使った料理を作ることも。桜ちゃんの最近のお気に入りは、好物のとうもろこしを使った手作りコーンスープ。家族の「おいしい笑顔」が広がります。

File82 パパになって仕事人としても成長

File82 パパになって仕事人としても成長

伊藤尋丈さん(西区在住)、光希(こうき)くん(1歳2カ月)

家族で近所を散歩し、車移動では見つけられないもの探しを楽しんでいる伊藤さん。「パパになって、仕事人としても成長できた」と言います。

育児休業を終え職場復帰したママとチームワークで保育園の送迎を乗り切っていることなど、パパとしての体験をお話しする事で、より具体的で親身になったお客様とのコミュニケーションができているそう。

昨秋に開校した横浜イクメンスクールの3期生。「受講から約1年経ちますが、今でも参加出来て良かったなと思うことが多いから、各地域でパパスクールが開催されているのは嬉しいですね。」

File81 パパは小さい命を守る!

File81 パパは小さい命を守る!

平山幸孝さん(港北区在住) 文啓(ふみひろ)くん(9カ月)

「それまでできなかったことが、できるようになると子ども成長を感じてうれしくなります」。港北区の「どろっぷ」で開催された「幼児の事故の予防と手当」講座に参加して、いちばん使えたのは「心肺蘇生法」の技術。成長を著しい小さい命を守るため、パパもがんばっています!

File80 1回体験していると違う救急講座

File80 1回体験していると違う救急講座

島田亮 さん(港北区在住) 美空(みく)ちゃん(4カ月)

「誤飲でモノをつまらせた時に、吐き出すやり方を体験できたのはよかったです」。港北区の「どろっぷ」で開催された「幼児の事故の予防と手当」講座。美空ちゃんが、お座りできるようになると、周囲のモノに関心がむいて、誤飲のリスクは高まります。

「注意する目安として、トイレットペーパーの芯の中を通せる大きさのものは、身の回りから片づけるようにします。」

File79  夏のおでかけ準備は、万全です!

File79  夏のおでかけ準備は、万全です!

伊藤嘉朗(ひろあき) さん(31歳 横浜市在勤) 獅央(れお)くん(3歳)

夏ならでは海辺のおでかけ。会社の同僚の方と楽しくバーベキューで過していた伊藤さん。

「子どもとのおでかけには必ず水筒や飲み物を持参してます。まめな水分補給は必須ですよね」。

子供は特に汗をよくかきます。脱水症状に注意しながら、 唇が乾いてないか?おしっこが出ているか?

この季節は、つねに気をつける必要がありますね!

File78  大切なのは妻にまかせきりにしないこと

File78  大切なのは妻にまかせきりにしないこと

和田俊輔さん(28) 絵美子さん(33) 圭佑くん(10カ月)

父の日イベントで週末に出会ったダディ。奥さんとお子さんといっしょにおしゃれに決めています。

この日は、離乳食料理やパパのリラックス体操など、アクティビティに楽しそうに参加していました。和田さんも「自分のまわりに子育てを楽しむパパが本当にふえています」。「大変なときに、妻任せにしない子育てを心がけています」。父の日に、パパを楽しむ和田さんでした。

File77 休日に、子どもとお菓子づくりしたい

File77 休日に、子どもとお菓子づくりしたい

古世子 広充さん(磯子区) 颯太くん(2歳6カ月)

磯子区の地域子育て拠点いそピヨが主催した親子料理のワークショップ。颯太君(2歳6カ月)は料理器具に触れるのは初体験です。パパは「子どもがクッキーが好きなので、お腹がすいたときに、一緒に料理できたら楽しいですね」と優しい夢をふくらませていました。

File76 将来の娘の姿が楽しみです

File76 将来の娘の姿が楽しみです

遠藤 一(はじめ)さん(磯子区在住) ゆうなちゃん(2歳)

磯子区の地域子育て拠点いそぴよで料理のワークショップに参加した遠藤パパ。

「娘はふだんからママが料理している時に野菜や、野菜の切りくずをいじっていますね」。ゆうなちゃんは、すでに料理に興味があるのでしょうね。ところでパパは?「わが家の麺担当、それ以外はあんまりしません(笑)。娘がどんな料理をつくってくれるか楽しみです」

File75 健康であることが、なにより

File75 健康であることが、なにより

百村 実さん (磯子区在住)  弥桜ちゃん 佳桜ちゃん(3歳)

磯子区の地域子育て支援拠点「いそぴよ」で「パパといっしょにお菓子作り」のイベントに参加した百村(ひゃくむら)ファミリー。ご主人は午前中仕事にもかかわらず、イベントにかけつけました。ふたごの娘さんは、最近は庭のだんご虫やちょうちょが気になるとか。「赤ちゃんの時に、体調が気になる時期がありました。だからふたりが健康でいてくれて、なによりです」。この日はママも一緒に、サンドイッチづくりを楽しみました。

File74  わが子の「万が一」に知っておいてよかった。

File74  わが子の「万が一」に知っておいてよかった。

田中耕太さん (港北区在住) 長男(8カ月)

4月7、8日にパシフィコ横浜で催された「マタニティ&ベビーフェスタ2012」。育児商品のデモンストレーションや子育てに役立つセミナーがいっぱいです。はじめて来場した田中パパはご夫婦で参加。「にぎやかなのでびっくり。ベビー&キッズ・ファーストエイドがとてもためになりました。わが子の「万が一」に、知っておいてよかったです」

1 2 3 4 5 6

トピック一覧